2020/08/24

LINE@の使い方を個人事業主に合わせて徹底解説

 

この記事を書いている人 - WRITER -
集客パートナー TAKESHI アメブロ、メルマガ、Facebook集客に関することをわかりやすくお伝えします。今までにサポートしたお客様は30名です。集客に関するセッションは年間200回行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

LINE@の使い方を解説
個人経営者、事業主向け

カウンセラー、セラピスト、コーチなどの個人事業主のために
小規模ビジネスならではのLINE@の使い方について解説します。

 

LINE@の機能について、どんなことができるのか?

まず、LINE@(公式アカウント)にはどんな機能があるのかお伝えします。

LINE@(公式アカウント)には、様々な機能がついていますが、
その中でも、個人でお仕事する人の為に必要な機能をピックアップしました。

 

メッセージ機能

【画像】

まず、メッセージ機能です。
LINE@に登録して頂いた友だちに対してメッセージを一斉配信することができます。

メッセージの送信方法も、書いてすぐに送ることができる方法から
事前にメッセージを用意して、配信タイミングを設定できる予約投稿も可能です。

ただし、無料プランでは友だち人数に応じてメッセージ配信できる数が決まっていますので
人数が増えていきたら有料にしましょう。

また、自動応答メッセージ、他のメッセージなどもあります。
詳しくは、下記の使い方の部分で説明します。

 

チャット機能(1対1トーク)

【画像】

LINE@のチャット機能は、普段使っているLINEと同じようにLINE@の友だちと1対1でトークができます。

LINEのグループ機能と、登録している他の友だちに内容をみられる心配もありません。

しかし、チャット機能を使うためには、LINE@に友だちになって頂いた後に、
相手の方からトークを送って頂かないといけません。

その為に、登録時のメッセージにはトークを返信してもらう仕組みを考えましょう。スタンプ一つでも返信をもらえれば1対1でトークすることができます。

 

アカウントページ機能

【画像】

LINE@の中で、あなたのサービスを見せることができるのがアカウントページです。
スマホで見せるホームページのように作ることができるので
サービスメニューやプロフィール、また料金や営業時間などもしっかりと記載しましょう。

 

クーポン機能

【画像】

LINE@の中には、お客様に対して

提供サービスの割引クーポンなどを発行できるようなクーポン機能があります。

クーポンを作り、メッセージでお知らせすることによってサービス購入に繋がり安くなります。

また、クーポンの条件も細かく設定できます。

 

ショップカード機能

【画像】

お店のポイントカードのように、LINE@内でわかるポイントカードを作成・発行できる機能です。
講座に参加したら1ポイントといった条件を設定できたり、特定の友だちにポイントプレゼントなどにも活用できます。
ショップカードが一杯になったら割引クーポンをプレゼントすることも可能です。

 

その他、分析機能

毎日の友だち追加数やブロック数などの数値などを確認できます。

配信メッセージに対するインプレッション数や、顧客の属性情報(性別・年齢・地域)を参照することが出来ます。

友だち追加経路データも参照することができるので、LINE@の費用対効果を検証するために便利な機能です。

 

◆LINE@の使い方の流れ

メッセージやチャット(トーク)はもちろん、クーポンやスタンプカードまでLINEを使ってお客様に様々なことができるのがLINE@のいいところです。では、実際に使い方の流れを説明します。

【使い方の流れ】

LINE公式アカウントに登録する。

アカウント名を決める。

メニューを作る。

応答メッセージを設定する。

LINE@に友だち募集をする

登録した友だちにメッセージを送る

友だちに1対1でトークをする。

これが一連の流れです。

まずはLINE@に登録しないと始まりませんので、LINE@に登録しましょう。

そしてあなたのLINE@のアカウントの名前を決めて、次にメニューを設定します。これで、LINE上であなたのサービスがわかるようになります。

次に、友だちを増やすための設定をするために、応答メッセージを設定します。そして、LINE@の友だちをFacebookやTwitterなどのSNSやアメブロやはてなブログなどのブログなどを使って友だちを集めます。

集まった友だちにメッセージを送り、そして、1対1のチャット(トーク)を行いコミュニケーションを取っていきます。

これが、LINE@の使い方の流れです。では、具体的な設定方法について解説していきますね。

 

◆ LINE@の使い方を具体的に説明します。

LINE@の具体的な作り方についてお伝えします。まずはアカウントから作っていきましょう。

 

STEP1 アカウントを作る

まず、こちらのLINE@(LINE公式アカウント)のサイトへ行きましょう。

LINE公式アカウントのサイト

https://www.linebiz.com/jp/service/line-official-account/

 

次にサイトの右上の

「アカウントの開設」ボタンをクリックします。

 

次に、LINE公式アカウント開設(無料)のボタンをクリックします。

 

 

LINE@(LINE公式アカウント)は2つの開設方法があります。

LINE内で情報を公開する場合は「認定済アカウント」を開設してください。

ただし、審査がありますので、審査に通った場合のみ作ることができます。

 

審査なしで、すぐに使いたい場合は未認証アカウントを開設しましょう。

未認証アカウントから、認証アカウントに変更することも可能です。

 

 

 

こちらのURLをクリックして作りましょう。

 

 

STEP2 アカウント名を決める。

次にアカウント名を決めます。設定方法は

 

STEP3 メニューを作る。

次にサービスメニューを作っていきます。

 

 

STEP4 LINE@に友だち募集をする

 

 

STEP5 メッセージを送る

 

 

STEP6 1対1トークをする。

 

 

 

◆LINE@の友だちを増やして集客に役立てる方法(友達の増やし方)

LINE@は作っただけでは、友だちは増えて行きません。そこでLINE@に登録してくれる友だちを増やします。

そのためには、SNSやアメブロを活用すると効果的に増やすことができます。LINE@に登録する特典を用意すると友だち登録率が上がるようにできますので、申し込み特典などを考えてSNSやアメブロでLINE@の登録を促していきましょう。

 

◆LINE@で効果的なコミュニケーションの取り方

LINE@は、メルマガやブログと違いSNSに近いコミュニケーションが取りやすい集客媒体です。

しかし、スタンプ一つでも相手から返事が返ってこないと誰が登録しているのかわからないのが難点なので、登録していただいたら、スタンプ一つでも返信もらうように、挨拶メッセージを作っておきましょう。

そして、スタンプや返信をもらえた相手には、チャットを使って、メッセージのお礼をしたり、相手について聞いてみたりすると交流を取りやすいです。そして、なんどもやり取りをしている中で、サービスの話など自然な形で紹介できます。

すぐにサービス案内するよりも、相手とチャットを使ってLINEで気軽にやり取りしている中で自然な形でサービス案内する方がサービスの購入は高まります。

 

◆LINE@を活用したいなら、LINE公式アカウント通信講座

LINE@の使い方から、具体的な集客できる活用法までを自宅にいながら学べるLINE公式アカウント通信講座のご案内です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
集客パートナー TAKESHI アメブロ、メルマガ、Facebook集客に関することをわかりやすくお伝えします。今までにサポートしたお客様は30名です。集客に関するセッションは年間200回行なっています。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 集客パートナーTAKESHI , 2020 All Rights Reserved.