2018/05/03

アメブロ公式ジャンルのランキングアップで大事なことをまとめました

 

この記事を書いている人 - WRITER -
集客パートナー TAKESHI アメブロ、メルマガ、Facebook集客に関することをわかりやすくお伝えします。今までにサポートしたお客様は30名です。集客に関するセッションは年間200回行なっています。

どうも、集客パートナーのTAKESHIです^^

TAKESHI

アメブロの公式ジャンルってなに?このジャンルのランキングってどうなってるの?って思っている方のために今日は、アメブロの公式ジャンルについてお話しますね。

公式ジャンルって、どういうものなの?

アメブロ公式ジャンル

アメブロに【公式ジャンル】というものができました。これはどういうことかっていうと、あなたのブログをジャンル分けしましょうねーってことなんです。

エステに関するブログなら、エステ関係のジャンル。
起業に関するブログなら、ビジネス関係のジャンル。

という感じにジャンル分けすることで、自分に必要な記事が見つかりやすくなるって仕組み。読者さんからすればたくさんのブログがあって、探すのが面倒になります。そこで、ジャンルがあることで、まずそこをクリックする。そうすると同じ関連の記事が集められてある。あとは、読むだけになるので、探す手間が省けるわけですね。

さてさて、今度は、書く側の立場に立って考えて見ましょう。ここで大事なのが、自分のブログって、そもそも何書いているの?って話です。ちなみに僕のアメブロは、アメブロ集客の話を中心に書いています。

しかし、アメブロっていうジャンルがどこにもない!!!ないからうーん、なんだろう?って迷いました。仕事術かなぁー、自己啓発かなぁーってなかなか決まりません・・・w

TAKESHI

こういう時は、とりあえず、関係性が近いだろうと思われるジャンルへ入れておきます。その理由は、ジャンルに入れるとランキング付けされるからなんです。

公式ジャンルで、ランキング付けされる!?

公式ジャンルの中に自分のブログを入れると、あなたは今日〇〇位です。って、番付されます。そして、100位以内になるとランキング入り!そして、こんな感じでお知らせきます。

↓こんな感じ

 

ちょっと、嬉しいじゃなーーーーい!3つもランキング入り!今日はハッピーday^^

TAKESHI

ランキング入りすると順位で公表されるため、ランキング上位になればその分だけ多くの人に見てもらえる可能性が増えるわけですね。結果、ブログへのアクセスが集まる。

ではでは、どうやったら、このランキングに入るのか?なのですが・・・最初に言っておきますね。正直言って、絶対これだ!っていうのは今の所わかりません。ただ、この可能性が高い!っていうのはお話できるのでその話をしようと思います。

公式ジャンルには、中身にあったブログ内容が必要

これはですね。アメブロが公表しているページに書かれてます。

こちら→(星を押してね^^)

何かと言うと、【ブログの中身】と【ジャンル】があっているか?

ってことですね。合っていると、番付けされます。合ってないと、「圏外」になります。そして、5回ジャンルと内容の違う記事を書くとジャンルから、追放されます。追放されると・・・

追放のメッセージがくるそうです。だからなのか「なんで、ジャンルから追放されたんですか!」って怒ってるコメントがあったり笑。

TAKESHI

中を覗いて見ると・・・「猫」ってジャンルに入れてるんだけど、中身がポケモンGoで、「ニャース」(猫ポケモン)の記事。

ゲーーームやん!!!それちゃうやん!!そらー、追放されるで!!!

TAKESHI

ってことで、アメブロ側も一応チェックしているようです^^ただ、追放されても、ご安心ください。追放後、同じジャンルに入り直すことはできるそうです。

ランキング入りする条件は、自分の書く記事の中身と合ったジャンルを選びましょう。そして、ランキングに入るなら上位を目指したい!そのコツをお伝えしましょう。

まずは、ランキング種類3つを解説します。

まずは、ランキングの仕組みを知りましょう。ってことで、公式ジャンルの中のランキングは全部で3種類

◆ ランキングの種類は3種類

  • 総合ランキング
  • 記事ランキング
  • 公式ハッシュタグランキング

この3種類。そして、どういう風になっているかというと【記事ランキング】の順位や掲載回数に応じて【総合ランキング】が上がる。なので、【記事】や【ハッシュタグ】のランキングを上げていく必要があるんですね。

ランキングを上げる方法って?

では、これどーやったらランキング上がることができるのか。ここで大事なのは、どういうことをしたらランキングを上げてくれるの?って考えるんじゃなくて、もし自分がアメブロ側の人間だったら「どんな人をランキング上位にしてあげるのか?」と考えてみましょう。

すると・・・

  • 中身とジャンルが合っている記事
  • キーワードを使って書いている記事
  • FacebookやTwitterなどのSNSから、つながりがある記事

今あげた記事を書いてもらえれば、ランキングをあげようと思います。その理由は、もし自分がアメブロを運営していたら、Googleなどの検索エンジンで上位に表示させたい、そのためには、記事がしっかりと書かれていることが大事。だからアメブロに貢献してくれる人をランキングに入れておく。と考えることができます。

そして、逆にランキングから外される記事というのは・・・

  • 記事に統一感がない
  • 読者数が少ない
  • SNSとのつながりが見えない
  • キーワードが入っていない

このような場合、ランキング入りは厳しい感じになります。

例えば、ドラ◯エ的にいうなら

レベル1です。魔法使えません。武器持てません。特技ありません。

このような人をパーティーに入れたら、完全な戦力外。レベルが強くて、魔法使えて、いい武器や特技持っている人を仲間に入れたいですよね。

繰り返しますが、公式ランキングに乗ろうと思ったら

  • 中身とジャンルが合っている記事
  • キーワードを使っている記事
  • FacebookやTwitterなどのSNSから、つながりがある記事

このようなことを大切にして、記事を書いていきましょう。

まとめ、要するに多くの人に読んでもらう記事が大事

ではでは、最後にまとめますね。ランキング入りするためには、記事自体が相手から読まれることが大事。

いいねや読者登録などで、読者を増やし、認知を増やし記事を読んでもらう。そして、キーワードを使って記事を書きGoogleなどの検索エンジンも意識する。そして、FacebookやTwitterなどのSNSで記事を拡散する。

というようにランキング入りしてアクセス増やそうと思っても、そもそも、ランキングに入るために記事のアクセス増やす必要があるってことなんですね。

書いてて思いましたが、ランキング、ランキングって意識せず自分のペースで記事を書く。

TAKESHI

書くことで認知されるので無理にランキング意識して書けなくなっては本末転倒。楽しく書いていきましょー。それでは、また^^

  • ネット集客でお悩みの方は、30分無料相談へどうぞお越しください。
この記事を書いている人 - WRITER -
集客パートナー TAKESHI アメブロ、メルマガ、Facebook集客に関することをわかりやすくお伝えします。今までにサポートしたお客様は30名です。集客に関するセッションは年間200回行なっています。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 集客パートナーTAKESHI , 2018 All Rights Reserved.