■無料メール講座のご案内

■ アメブロフォロワー1000名以上の方が続出!!

僕もこの秘訣を使って読者5000名までいきました。
ポイントをわかりやすく伝えてくれています。

詳しい詳細はこちらをクリック▼
誰でもできるアメブロ読者が急増する9つの秘訣

 

メルマガを装飾して、読みやすいメルマガに大変身

メルマガ

こんにちは、集客パートナーのTAKESHIです^^

 

僕は、普段からメルマガを書いてますが、メルマガに写真をつけたり、色を変えたり、さらにタイトルを目立たせるために装飾したラインを引いたりしています。

メルマガをただ書くのではなく、メリハリをつけて伝わりやすくすると、非常に読みやすくなります。

今回は、その方法についてお伝えしますね。^^

 

メルマガを装飾する方法について

まず、装飾方法についてですが、アメブロのように、写真を入れたり、文字の色を変えたり、文字を大きくしたり、リンクを貼ったりなどのことは、メルマガでもできます。

ただ、通常メルマガといえば、文字だけ発信しているケースが多いのですが、写真を入れたり、文字の色を変えたり、大きくしたりなどの装飾をする場合は、HTML配信という方法で配信する必要があります。

文字だけ配信のメルマガだけなのか、HTML配信のメルマガなのかは、メルマガスタンドによって使い方が違いますので、それぞれのメルマガスタンドにて確認してください。

それでは、次にメルマガの配信方法の種類によって、メルマガをどのように活用したらいいのかをお伝えします。

 

まずは、メルマガの種類を知りましょう。

では、ちょっとおさらいです。

テキストのみ「文字配信」写真を貼り付けたり、文字の色を変えることができる「HTML配信」の2種類がメルマガにはあります。

 

そして、文字配信の場合は、テキストのみですのでこの場合、強調したい箇所、伝えたい箇所、見出しにしたい部分、お知らせ部分などには、ラインを引くことをオススメします。

 

例えば、次のようなラインがオススメです。

 

【ライン1】
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【ライン2】
ーーーーーーーーーーーーー

【ライン3】
◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

 

ラインは、▼、◆、●などの記号を用いて、誰でも簡単に作ることができますので、強調したい部分や、見出し、お知らせ部分には、活用してみていください。

 

実際に、どのように使ったらいいのか、下記に記載しますので参考にしてください。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メルマガの装飾方法について
まとめて見ました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

どうですか?文字だけで書くよりも、記号などを連続して表示させて使うことによって、強調されたのがわかったと思います。

そして、メルマガを装飾するための「ライン」はインターネット上にたくさんありますので、
ぜひ、調べて使って見ましょう。

検索方法は「メルマガ ライン」「メルマガ 下線」で出てきます。

 

HTML配信は写真や文字の色が変更できます。

それでは、次に、写真を送ったり、文字の色を変えたり、したい場合についてお伝えします。

文字の装飾や、写真を入れるなどの方法には、HTML配信でメルマガを発行しましょう。

HTML配信はメルマガ配信スタンドによって、やり方が違いますので、まず、あなたが使っているメルマガ配信スタンドを確認しましょう。

今回は、僕が普段使っているリザーブストック(リザスト)についてお伝えしていきます。

リザストでは、HTML配信が容易にできます。ブログを書く感覚で文字の色も簡単に変更が可能です。リザストで、メルマガの文字の色や写真の変更の仕方はこちらの記事を参考にしてください。

◆ リザストのメルマガで画像挿入や文字を装飾するやり方まとめhttps://customerspartner.com/mail_cosutam

 

■メルマガを装飾するときのポイント

メルマガは、基本的に文字だけで、送ることになりますので、区切る部分がわかりにくいと非常に読み難いものになります。そこで、装飾をつけることで、読みやすくなります。

 

◇ 装飾をつける箇所はどこがいいの?

 

下線や囲みなどの装飾をつけるといい部分は次の3つです。

 

  • タイトル(本文の中)
  • 見出し
  • お知らせ

 

本文中に、記事の題名などのタイトルを入れたい場合は、下線を引いて目立たせると読みやすくなります。

 

見出しについては、本文が長い場合、区切る部分があると非常に読みやすくなります。区切る部分については話が変わるタイミング、重要なポイントで見出しを作ってみるといいです。

 

そして、最後に「お知らせ」についてです。メルマガを発行する場合、自分のサービスについて触れることが非常に大事になります。メールアドレスを登録してまで読んでくれるメルマガ読者のためにあなたのサービスのお知らせを必ず入れるようにしましょう。

 

以上の3つでラインを引くことで、読みやすいメルマガになりますので是非やって見てくださいね。

まとめ

 

メルマガの配信方法は2種類

 

  • 文字メール配信
  • HTMLメール配信

 

文字の場合は、ラインを装飾するようにして、伝えたいポイントをしっかりと目立たせる。

HTMLの場合は、画像を貼り付けたり、文字の装飾をするして、伝えたい部分をハッキリさせる。

このことを意識して、メルマガ配信をしていきましょう。

そして、メルマガを配信するときの配信スタンド選びも重要です。画像付きメールや、文字装飾メールは扱いやすいリザストがオススメです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました