リザストの契約サービス管理の設定をわかりやすくまとめました

リザスト

 

月額課金や、オンラインサロンの会費の受け取りなどを、ほぼ自動的にできるのがリザーブストックの機能の契約サービス管理です。paypalなどの決済機能を活用することによって自動的に毎月の受け取りができるようになります。今回は、非常に便利なリザストの「契約サービス管理」について、使い方を説明します。

 

◆ リザストの契約サービス機能で、こんなことができます。

 

契約サービス管理と聞いても、どんな風に使えるのか?と疑問が出てきますよね。そこで、契約サービス管理の機能を使うと以下のことができるようになります。

 

  • オンラインサロンを開設して会費を徴収できる
  • 毎月課金の有料メルマガを発行できる
  • バックエンドの分割払いを設定できる
  • 自分で催促しなくても、銀行振込の案内を自動的にしてくれる
  • 月額サービス(サブスクリプション)を作れる

 

それでは、どんなことができるのかを具体的に説明していきますね。

 

契約サービスで、オンラインサロンを開設して会費を徴収できるよ

まず、オンラインサロンを開設した時会費を徴収できます。

最近、流行りのオンラインサロン。

FacebookやLINEのグループを活用したり、ワードプレスを使って会員専用のホームページを使ったりとオンラインサロン会員様に向けての情報提供や交流などの活動をしていると思いますが、肝心の決済については、毎月銀行口座へ振り込んでもらう、手渡しで受け取るなどのことをやっていくと、会員様が増えてきた時に非常に大変になりますし、管理のために毎日通帳や帳簿の確認をしないといけないなどの時間的なロスも発生します。

そこで、リザストの契約サービス管理の機能を使って、paypal決済の定期支払いに登録してもらうことで会費を自動的に徴収することが可能になります。

 

契約サービスで、自分で催促しなくても、銀行振込の案内を自動化

毎月のお金の支払いの請求金額の案内を手作業で行うのは結構手間です。お客様の申し込んだ時期が違うとそれに合わせて毎月の請求金額の案内を送ることになります。

そこで、リザストの契約サービス管理の機能では、銀行振込を希望するお客様に対して、毎月決まった日にちに契約者に自動的に支払い確認メールを送ることができます。これにより毎月の支払い確認メールを送る手間が省け、さらにお客様も毎月の支払うことを忘れることを防ぐことができるようになります。

※payaplでの契約の場合は、自動請求メールは送らずに自動的に決済することになります。

 

paypal、stripで毎月自動決済

リザストの契約サービス管理を使うことによって、paypalやstirpでの決済を設定することによって、毎月のクライアント様からのお金の入金を簡単にすることができます。契約更新日には、自動的に入金がされるためお振込の催促をする必要がありません。また契約解除も契約サービス管理画面から設定できますので、お客様からの解約時の連絡があった時も安心して対応できます。

 

契約サービスで、バックエンドの分割払いを設定できる

高額サービスの分割払いなどにも契約サービスの機能は活用できます。お客様自身で契約後にクレジットカード会社に連絡して、分割払いをしてもらわなくても、最初から分割払いでの契約をすることができます。

これにより、現状まとまった金額を持っていないお客様にもサービス購入の可能性を上げることができるようになります。

 

契約サービスで、毎月課金の有料メルマガを発行できる

メルマガと紐づけることができるため、契約後にメルマガ配信するという設定ができます。毎月の契約をしていないのに、メルマガを先に配信してしまっているということがないような設定のため、安心して有料メルマガやオンラインサロンなどのような会員様に有益な情報を届けるような設定ができます。

 

契約サービスで、月額サービス(サブスクリプション)を作れる

ヒーリングなどを毎月受けて受けてもらったり、毎月決まった動画やメルマガを配信するなどの、定期サービスなど、毎月の決まった金額を受け取るサブスクも「契約サービス管理」で作ることができます。

 

 

◆ 契約サービスの設定

それでは、契約サービス管理の設定について説明していきます。

リザストにログインをして、左側の「契約サービス管理」をクリックします。

 

次に、「契約サービス管理一覧」をクリックします。

 

 

そして、「新規作成」をクリックして、

契約サービス管理を作りましょう。

 

 

契約サービス管理で、月々の定期課金を設定する方法

 

それでは、オンラインサロンの会費の徴収や、有料メルマガの毎月課金など

毎月決まった金額を受け取る場合の設定を説明します。

 

まず、サービス種別を「定期支払い契約」を選択してください。

 

 

次に、必須項目の設定を行なっていきます。

 

◆ 有料メルマガ/ステップメール設定

月額課金付きのメルマガを設定したい場合は、こちらでメルマガ、ステップメールを選択してください。

リザストのメルマガ機能の中にも、有料メルマガを設定することができますが、メルマガの設定の方では、月額課金ではなく、一括払いになってしまうため、月額課金で設定する場合は「契約サービス管理」の機能を使います。

 

◆ サービス(商品)名

サービス名を設定しましょう。サービス名を途中でコロコロ変更するとpaypalとの連携がうまく行かずエラー入金ができないケースがありましたので、サービス名を変更するときは慎重にお願いします。契約サービスを作る前に、サービス名をあらかじめ決めておくといいでしょう。

 

◆ こんな人に向いてやります

サービスを受ける対象者はどんな人なのか?を入力します。

例えば、

メルマガのリストが増えずに悩んでいる。アメブロのフォロワーが増えずに悩んでいる。というように具体的なお客様のお悩みを書くようにするといいです。

 

◆ どんな風になってほしいですか?

こちらは、対象者の未来(ベネフィット)を書くようにしましょう。

例えば

メルマガのリストの増やす方がわかる。アメブロのフォロワーの増やし方がわかる。

というように実際にサービスを受けると、お客様はどのような未来が手に入るのかなどを書いてみましょう。

 

◆ 契約更新間隔

こちらは契約を更新する間隔です。毎月の会費の徴収、月額課金などは間隔を1ヶ月にしておきましょう。

 

◆ 1回の請求金額

こちらは、毎月いくらお客様に請求するかになります。

例えば、月々3000円のサービスでしたら、こちらは3000円になります。

 

◆ 請求サイクル

請求サイクルは、当月分を当月に請求か、翌月分を当月に請求の2パターンです。

来月のサービス提供のお金を今月欲しい!と思ったら、「翌月分を当月に請求」を選んでおきましょう。

 

◆ 締め日

締め日も、決めることができます。今日からスタートして、来月の契約した日にお金を徴収する場合は、締め日を契約した日に設定しておきましょう。会社の給料日のように毎月25日に受け取りたいという場合は、締め日を25日に設定しておきましょう。

 

 

◆ 支払い方法の有無効

支払い方法は、銀行振込と、PayPalやStripeでの決済が選択できます。PayPalやStripeの決済を選択すると、毎月自動的に課金されるようになるので、便利です。銀行振込の場合は、請求メールを送ることができますが、入金確認はあなた自身でしないといけません。

 

 

 

◆ 締結から支払いまでの期限

締結から支払いまでの期限を設定することができます。「何日以内に支払って欲しいのか」などで日数を決めるといいです。またPayPalやStripeなどの場合は、締め日に自動的に支払いになります。

 

◆ 約款

こちらは、やくそく事です。契約書などに書いている規約などのように記入しましょう。

例えば、オンラインサロンの場合オンラインサロンでのルールや、個人情報などの取り扱い、入金についてなどについてを記載するなどするといいでしょう。

 

 

◆ 契約のキャンセル方法(キャンセルポリシー)

契約のキャンセル方法を記載します。キャンセルの場合は、相手から連絡を頂かないと今のところキャンセルできませんので、「契約をキャンセルする場合は、ご連絡ください」の文章を記入しましょう。

また、途中解約についての返金などについても記載しておくとトラブルを回避することができます。

 

◆ 振込先口座

こちらは、銀行振り込みを設定した時に、相手に通知されます。PayPalやStripeなどの決済のみの場合には、振込先口座の欄は空白で大丈夫です。

 

契約サービス管理で、分割払いを設定する

 

スクールや講座などの高額サービスの分割払いなどに役立つ分割払いの設定はこちらになります。

まず、サービス種別を「期間契約」を選択してください。

 

 

定期サービスとほぼ同様な形になりますが、こちらも細かく設定についてお伝えしていきます。

 

 

◆ サービス名

分割払いの場合も、サービス名を記載しましょう。

例えば、

 

【2回払い】〇〇コース

というように、サービス名の前に【】を使って支払い回数を記載すると申込者に伝わりやすくなりますので、設定するようにしましょう。

 

◆ こんな人に向けてやります

こちらは、相手の悩みなどを記載するといいです。

 

 

◆ どんな風になって欲しいですか?

こちらには、申込者が参加した後にベネフィット(どんな未来)が手に入るのか?を記載するようにしましょう。

 

 

 

◆ 有料メルマガ/ステップメール設定

分割契約ですが、ステップメールを設定することができます。

例えば、講座やスクールなどのフォローのステップメールを作っておいて読んでもらう場合に設定しておくと便利です。

 

 

 

◆ 支払い間隔

毎月1回のお支払いの場合は、支払い間隔を1に設定します。

定期払いも分割払いも、毎月お支払い頂く場合は1に設定しておきましょう。

 

◆ 1回の請求金額

1回の請求額ですが、分割払いの場合は、分割した金額を入力します。

例えば、60,000円の講座を3回払いでのお支払いを設定したい場合。

1回の請求額は20000円になります。

※消費税などは自動計算されて加算されませんので、税込金額を分割しましょう。

 

 

◆ 課金回数(期間)

こちらは分割払いを何回で分割するかの設定になります。

例えば、60,000円の講座を3回払いでのお支払いを設定したい場合。

課金回数は「3」になります。(3回払い)

 

◆ 支払い日

支払日も設定できます。契約した日から、毎月分割金額を頂きたい場合は、「契約した日」を選びましょう。

 

 

◆ 締結から支払いまでの期限

こちらは、銀行振り込みを申込者が選択した場合に、自動請求メールの中で支払い期限を載せるために設定します。

PayPalやStripeの決済の場合は、自動で決済されますので、請求メールは送られません。

 

◆ 約款

定期支払契約と同様に、やくそくごとを決めておきます。お支払いのルールや、講座、コースなどのルールをこちらに書いておきましょう。

 

◆ 振込先口座

銀行振り込みを設定する場合には、振込先口座を入力しておきましょう。

 

そして、最後に「保存」のボタンをクリックしましょう。

 

以上で、契約サービス管理の設定は終了です。

 

契約サービス管理の申し込み画面を設定について

次に、お客様に申し込んでもらうためのページを設定します。

まず、契約サービス管理の上のアイコンの中から、ランディングページの編集をクリックします。

 

ヘッダーを設定しましょう。

 

 

設定すると、このように表示されます。

 

そして、ランディングページの内容を記載して行きます。

 

 

これで、ランディングページの設定が完了です。

 

契約サービス管理のお客様から解約の申し出があった場合の対応

 

定期サービスや、分割払いで契約中のお客様が途中で解約したいと連絡が来た時の対応についてお伝えします。

 

  • オンラインサロンを解約したい
  • 有料メルマガの定期購読を解約したい
  • コースや講座を途中でやめたい
  • 毎月のコーチングや、セッションなどの継続契約をキャンセルしたい
  • 毎月送られてくる動画講座をやめたい

 

というような、お客様から解約したいと連絡があることがあります。

この場合は、契約サービス管理からサービス名をクリックします。

 

※サービス名をクリックすると、編集画面に行きます。

 

次に、契約状態を解約予約するをクリックして解約処理をしましょう。

 

 

銀行振り込みの場合は、請求メールが届かなくなり解約になります。

PaypalとStripeの場合は、リザスト側で解除予約すると、PaypalとStripe側でも契約が解除されます。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました