2018/02/05

リザストの使い方、お客様が受付しやすい「個別予約・設定」の方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -
集客パートナー TAKESHI アメブロ、メルマガ、Facebook集客に関することをわかりやすくお伝えします。今までにサポートしたお客様は30名です。集客に関するセッションは年間200回行なっています。

どもども、集客パートナーのTAKESHIです。まず、リザーブストックを活用するために必要になるのがこのパート「個別予約設定」です。

TAKESHI

個別予約設定はお客様との1対1の受付に使うためのものになります。コーチングやセラピー、コンサルなど、複数の人数ではなく、個別で対応する場合に活用すると、申し込みが入ったら、自動返信で予約のお知らせをしてくれたり、お客様の側からも申し込みがしやすいように、受付フォームがわかりやすくなっています。設定方法については、下記の項目をご覧ください。

◆1対1の予約受付に便利な個別予約

 

こんな感じで、自分のページを持てるのがリザーブストックのいいところですよね。リザーブストックを使って、個別のご予約のお申し込みを受け付けるために、ここはリザーブストックを始めたら、まず設定しておきましょう。

TAKESHI

【個別予約ページでは、あなたのメニューがわかりやすく表示されます】

サービスメニューが、すぐにわかるようになっているので、どのようなサービスを行っているのかなどが一目でわかるようになっています。

 

【ちなみに、スマホでもメニューがわかりやすく表示されます】

 

リザーブストックは、スマートフォンでも、受け付けが可能になっています見やすく使いやすい表示で、予約の空き状況がすぐにわかります。

 

【カレンダーで、空き状況が一目で分かるようになっています】

 

お客様側から見ても、サービスの受け付け状況が一目でわかるため予約がしやすくなります。そして、電話予約などの場合は営業時間などを気にしますが、ネット予約の場合は24時間受付が可能になります。

 

【お客さんのご予約が完了すると、メールでお知らせ】

 

申し込み直後に、自動的に、申し込みが完了しました。という相手に自動的に送られるメールを設定することができます。これがあることで、24時間いつ受け付けても相手に「予約できているのかなぁー」って心配がなくなります。また、自分にもメールで予約確認ができるようになっているので、予約されていることを忘れる心配がありません。

【ポイント】

集客の流れをスムーズにしておくと、ページのリンクをブログに貼っておいたり、メルマガにリンクを載せておくだけで、お客様と繋がりやすくなります。

◆これだけやろう!・個別予約の設定方法

まずは、コースを設定しましょう。

コースを設定することで、リザストのページにサービスメニューが表示されるようになります。しっかりとコースを設定しましょう。コースを設定する方法の解説をします。

では、実際の作り方について解説致します。

TAKESHI

作る流れは

Step1 コース(セッションやセラピーの受付)を作る
Step2 お客様の予約の受付の細かい設定をする
Step3 カレンダーに受付表示の設定をする
Step4 予約時の自動返信メールの設定

Step1 コース(セッション、セラピーの受付)を作る

こちらでは、コースを設定します。1対1のセッションやセラピーの受付、その他にも継続サービスの予約や、無料相談などの相談窓口など、幅広い予約機能として活用できます。

そして、この個別予約を設定することにより、サービスメニューが相手に伝わりやすくなります。

 

動画で、コース設定を知りたい方はこちらをご覧ください

【再生時間 6:43・リザストの使い方、サービスを追加する方法について】

メニューを追加する方法を動画で解説しています。

TAKESHI

画像を使って、コースの設定方法を解説します

サービスメニューを追加する時は、「コース編集」をクリックします。
そこから、コースの追加を押してください。

 

すると、コースの新規追加の画面に変わりますので、こちらで、必要事項を記入していきます。

◆ 価格

セッション1回辺りの価格を設定しましょう。

◆ このコース1コマあたりの時間

セッション1回の時間を設定します。1時間の場合は60分と設定しましょう。

◆ お客様に表示する実質サービス提供時間

実際の設定時間になります。「このコース1コマあたりの時間」の時間と同じにしていても問題ありません。

今度は、「サービスメニューがどのような内容なのか」ということを記入していきます。

TAKESHI

わかりやすくコースを説明しましょう、対象者は誰なのか、実際に受けると、どんなメリットがあるのかなどを記載しましょう

[/aside]

 

◆ コースの説明文

このように、説明文が表示されます。ココでコースの説明を記載しましょう。

◆ 対象者

どのような人に向けたサービスなのかを記載しておきましょう。

◆ どのような状態、効果、メリットがありますか?

サービスを受けたら、どんな変化が起きるのかを記載しましょう。

 

コースによって、用意してほしいものなどを記載しましょう

次に、セッションのときに、必要なことを記載します。skype IDや住所など。セッションやセラピーの種類が何個も場合で、それぞれ、用意して欲しいものが違う場合はこちらを活用するようにしましょう。

◆ このコース固有の特記事項

こちらは、複数コースを作った場合、各コースによって、必要なことを記載します。例えば、ワークショップなどを開催する場合、持ってきて欲しいものなど、記載したり、コースによって開催場所を変更したりする場合に、書いておきましょう。ここに記載することで、予約時に相手に送られるメールに記載されます。

全て、入力が完了しましたら、最後に必ず「登録」ボタンを押します!

最後に、登録ボタンを押します。押さずに、違うページに移ってしまった場合は、記載された内容が保存されていない可能性があるので、必ず「登録ボタン」をクリックしましょう。

 

以上で、「Step1 コース(セッションやセラピーの受付)を作る」は終了です。

 

Step2 お客様の予約の受付の細かい設定をする

ここでは、予約受付の細かい設定を行います。

TAKESHI

予約を受け付けるのは、何日前までにするのか、連続で予約が入らないために、空き時間はどれくらい取るのか、また、予約と同時にメルマガ案内を出すのかなどを設定します。

■ 予約の設定の設定を解説します

◆ 予約受付終了日

こちらは、「予約をいつまで受け付けますか」の設定です。セッション前日まで受け付ける場合は1日前に設定します。当日の場合は、予定がズレることがあるので、1日前までがオススメです。

◆ 予約受け付けモード

予約受付モード、こちらは、お客様優先か、自分優先かを選びます。詳しくは、「詳細をみる」のボタンを押して確認しましょう。また、30分もしくは、15分の間隔の設定をしておきましょう。

 

◆ 予約と同時に読者登録を促す

こちらは、予約を申し込んだ相手に、メルマガなどにも登録をお願いするように促すかどうかを設定します。

 

さらに、細かく設定がありますが、まずは、この設定をやっておきましょう^^

 

これで、「 Step2 お客様の予約の受付の細かい設定をする」は終了です。

 

Step3 カレンダーに受付表示の設定をする

 

 

このStepでは、実際に受け付ける日を確定します。また受け付け時間も設定します。

お客様からよく受ける質問ですが、1時間づつ区切って、設定するのですか?と言われたことがありますが、そのようなことはせず、連続で時間を設定しても大丈夫です。

例えば、セッション時間が60分の場合

9時〜12時と設定すると・・・

9時〜10時
10時〜11時
11時〜12時

と区切られて設定されます。

 

では、実際に設定してみましょう。

 

【個別予約管理】の中の「個別時間編集」をクリックします。次に、カレンダーの中にある。「+追加」をクリックします。

そのあとに、時間を入れます。時間を設定したら、追加ボタンを押しましょう。

・予約時間帯を変更するときは・・・

指定した時間をクリックします。変更の場合は、「更新」キャンセルする場合は「削除」をクリックします。

 

Step4 予約時の自動返信メールの設定

 

 

個別予約の設定をクリックします。その中にある、自動送信されるメールの設定をクリックします。そのあとは、各項目のメールの文面を記載しましょう。

 

◆ 自動で予約が確定した際の返信メール

予約が決定したときに、自動的に送られるメールになります。事前の振込を相手に希望する場合は、振込先などを記載しておきましょう。

 

◆ 予約前自動確認メール

このメールは、セッション前に相手に送ることのできるメールです。相手がうっかりセッションを忘れていることや入金を忘れていることなどがあるかもしれないので、その為にメールでお知らせします。自分宛にも送ることができます。

◆ 予約後サンキューメール(セッション終了後)の設定

こちらは、セッション後に送ることのメールになります。感謝の気持ちを伝えたり、セッションの感想などをもらったり、次回の予約を促すなどの設定しましょう。

 

◆ 予約後あれからいかがですか?メールの設定

しばらくしてから、連絡を入れる時に使うメールになります。自分に宛に「相手に連絡を取るようにメールで伝える」リマインダーを送ることもできます。お客さんと適度に連絡を取るようにすると継続的にサービスを利用してもらえるようになるので、フォローをしっかりとできる設定をしておきましょう。

 

まとめ

以上のStep1〜4の流れで、1対1のセッションの受付ができるようになります。最初に色々と設定があるのですが、一度やり方を設定してしまえば、しばらく変更することはありませんので、最初は大変ですが、しっかりと設定しましょう。

お客様と出会ってから、その後のフォローまで、しっかりとできるのが、リザーブストックのすごいところです。返信メールも一つ一つ丁寧に作ることで、信頼関係が深くなっていき、その結果継続的にサービスを利用して頂けるようになりますので、この「個別予約」の設定をしっかりやりましょう^^

この記事を書いている人 - WRITER -
集客パートナー TAKESHI アメブロ、メルマガ、Facebook集客に関することをわかりやすくお伝えします。今までにサポートしたお客様は30名です。集客に関するセッションは年間200回行なっています。
 

Copyright© 集客パートナーTAKESHI , 2018 All Rights Reserved.